多機能なオフィスチェアで作業効率向上|肘置きやヘッドレスト

事務椅子のさまざまな特徴

会社

機能にプラスして

オフィスチェアは事務作業をスムーズにするためにもさまざまな機能が組み込まれており、座面の高さを調節できたり、キャスター付きのものなどもよく見かけます。他にも後ろに背もたれが倒れるロッキング機能や肘を置くアームレスト、首や頭を支えるヘッドレストなどが付属されている高級なオフィスチェアも存在しており、その種類もさまざまです。これらは基本的にデスクワークでオフィスチェアは身体にもっとも影響を与える家具なため、作業時の実行のしやすさやストレスの軽減を人間工学によって研究し、開発設計されています。そんなオフィスチェアですが、より快適に過ごすためには椅子の機能に頼るだけでなく、クッションなどのアイテムを使用することで効率的になることもあります。また長時間座る場合は足が冷えないようにブランケットなどを利用するのも良いでしょう。

使用に合わせて

高性能な機能を兼ね備えているオフィスチェアですが、その選び方として機能を重視するだけでなく、素材や空間とのマッチングなども視野に入れておきましょう。たとえば高級なオフィスチェアなどは大きさもそこそこなため、どうしても圧迫感や存在感といったものを醸し出します。それゆえに狭い空間では邪魔になりがちなので注意が必要です。また素材に関しても定番の布張りや通気性に優れたメッシュ素材などのいろいろなものがあり、長く使用するアイテムなので好みのものを選ぶようにしましょう。ちなみにレザーと言うと革とイメージしがちですが、家具業界ではレザーは本革ではなく、一般的にビニールレザーなどの人工的に作られた素材のことを言うので注意してください。